大塚寧々は田辺誠一と子連れ再婚でも「いい夫婦」で出会いは?元夫が超個性的!

気になるニュース

「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー 2023」を受賞した大塚寧々さん田辺誠一さん夫妻は今年で結婚22年目を迎えたそうです。

夫婦円満でとても仲がいい2人の出会いや、大塚さんの元夫のことなどが気になって調べてみました。

スポンサーリンク

大塚寧々と田辺誠一 出会いはCM共演

1995年頃の日産ルキノのCM。

このCMでは江口洋介さんがメインのようですが、よく見ると大塚寧々さんと田辺誠一さんの姿が確認できます。

今から30年近く前なので20代のお二人はやはりお若いという印象です。

このCM共演で出会った二人は、すぐに交際に至ったということではなかったようです。

けれど後に結婚されることになりますから、このときにお互いになにかビビッと感じるものがあったのかもしれませんね。

大塚寧々の元旦那は超個性的!

大塚さんは1998年に5歳年上の三代目魚武濱田茂夫(うおたけはまだしげお)さんと結婚し、翌1999年に息子さんを出産しています。

元夫の三代目魚武濱田茂夫氏は詩人でありミュージシャンということですが、名前からしてちょっと自己主張強めな印象です。

活動内容は、詩集や絵本・自伝の出版、音楽や映像の作品を発表されているようです。

お二人の馴れ初めは、「写真詩集 虎と花」の共著がきっかけ。大塚さんは日本大学芸術学部写真学科卒で一時は写真家を目指していたというほどだそうです。

「魚武さんの子どもが欲しい」などと発言していた大塚さん、彼のどんなところに惚れこんだのでしょうか?

なんでも魚武さんは「自分を讃える詩しか詠わない」そうで、

「駅の名前を全部言えるようなガキにだけは、死んでもなりたくない」
「生きて百年ぐらいならうぬぼれつづけて生きたるぜ」
「1分後の未来よもうすぐ俺が行くで道あけとけ」
「おまえがこの世に5人いたとしても、5人ともこの俺様の女にしてみせる」

このようなタイトルの作品があるようですね…。

めちゃくちゃ強気な感じに男らしさを感じられたのでしょうか!?

スポンサーリンク

離婚したのはなぜ?

2001年ドラマ「HERO」

98年に結婚、99年に息子・成虎(しげとら)くんを授かるも(魚武さんの名前から1字取ったようですね)01年に2人はわずか3年で離婚。

その理由として、魚武さんは経済力が低いのに浪費癖がひどく夫婦間の経済格差があったこと、また魚武さんは放浪癖があり家に帰ってこないことがある、などがいわれています。

これが本当ならばどんな女性もついていけそうにありませんね…。

2002年、田辺誠一と子連れ再婚!

02年に大塚寧々さんが再婚したのは、メンズノンノのモデルから俳優に転身した田辺誠一さん。当時は若手俳優としてすでに評価されていた頃です。

2001年の映画「ハッシュ!」では数々の賞を受賞

交際期間1年のスピード再婚であったため、大塚さんが婚姻中からの不倫関係だったのでは?などという報道もあったようですが、これについては田辺さんが完全否定。

CM共演の頃からずっと友人で、7年もの間 気心が知れた関係であったため、距離が縮まると話が進んでいくのも早かったのかもしれません

田辺さんは初婚ですが、当時3歳の大塚さんの息子をとても可愛がっていたそうです。大塚さんの息子さんが肺炎で入院していたときには毎日のようにお見舞いに行ったり、大塚さんの自宅付近で一緒に遊ぶ姿が目撃されています。

また結婚当時は大塚さんは33歳とまだ子どもが望める年齢でしたが、田辺さんとの間には子どもはいません。大塚さんの意向なのか、田辺さんが連れ子である息子さんに配慮して望まなかったのか、定かではありませんがご夫婦で話し合われた結果なのでしょう。

とても真面目で優しい田辺さんと再婚され、その後もずっと息子さんとの3人の家庭は円満なようでよかったですよね。

現在はとうに20歳をすぎている息子さんですが、20歳を迎えたときには「3人でお酒を飲める時がやっときて、ここまできたかとすごく嬉しかった」との大塚さんの感慨深げなコメントもありました。

スポンサーリンク

仲良しエピソードが羨ましい!

11月7日に行われた『いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー2023』の記者発表会。

今年結婚22年目を迎えても家ではずっと話しているという田辺さん大塚さん夫妻。また、夫婦の携帯の暗証番号が同じだというから驚きです。

<br><br>


何もなかったら夕方から飲み始めて、そこから5時間くらいは…
仕事のことも話しますし、家のこととか、世間話とか、なんでも話します

この言葉には、質問した記者も驚いたそうですよ。まぁしかし5時間も会話が続く夫婦ってめずらしい気もしますが、夫婦円満な秘訣はこれなんですよね。仲が悪くなっていく夫婦って会話が足りない気がしますからね。

この日、赤いワンピース姿で登場した大塚さん。司会者から「田辺さんへの愛情の表れか」と問われると、大塚さんが答える前に「そうです」と田辺さん。

加えて、「かわいいなと思います」… 55歳の妻にこんなことをいってくれる54歳の夫、素敵ですね。

大塚さんも、田辺さんのフォーマルな装いを、

カッコいいと思います

とまぁにこやかにのろけ合うお二人に、水を差したくはないのですが・・・

「いい夫婦」でも離婚の例外が!

2000年から毎年発表されている「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー」ですが、オフィシャルホームページを見てみると、06年と11年の歴代受賞者の名前が消されています。

06年に受章したのは、01年に子連れ婚をした船越英一郎さんと松居一代さん。

松居さんは86年にアパレルブランドの社長と結婚し、89年に長男が誕生していますが、96年に離婚。

番組で共演した年下の船越さんとの子連れ豪華披露宴に、2人の結婚に反対していた船越さんの親族が出席しなかったことが話題になりました。

船越さんが年上の松居さんの尻に敷かれていることを笑いにするような良好な夫婦関係に思われましたが、17年に松居さんが船越さんの不倫を訴える動画を流したことで裁判にまで発展し、その年の年末には離婚が成立しています。

消されたもう一組は11年に受章した高橋ジョージさんと三船美佳さん。

92年にリリースした「ロード」がシリーズ累計350万枚を売り上げるなど爆発的ヒットし、その後、高橋さんがボーカルを務める「THE 虎舞竜」のファンだった24歳年下の三船さんと交際に発展、98年に当時16歳だった三船さんと結婚。

04年11月には長女が誕生していますが、高橋氏のモラハラなどが原因で離婚訴訟に発展し、16年3月に離婚が成立しています。

運営元の「いい夫婦の日」をすすめる会は、「掲載を控えているのは離婚したことが理由です」と率直にコメントしているそう。

2015年11月には「第7回プラチナ夫婦アワード」を受賞

けれども大塚寧々さんと田辺誠一さんは”会話が続く夫婦”ですからね、おそらく大丈夫な気がします。今後もおしどり夫婦として仲の良い姿を見せ続けていただきたいですね。

スポンサーリンク

大塚寧々は田辺誠一と子連れ再婚でも「いい夫婦」で出会いは?元夫が超個性的!

結婚から20年以上たってもとても仲がいい大塚寧々さんと田辺誠一さんの夫婦円満な秘訣が知りたくなりました。お二人は何でも話し合えるフラットな関係で、お互いを思いやるということを大事にされているのかなと感じられました。

簡単なようでなかなか出来ることではないですよね。少しでも見習いたいです^^;

関連記事

コメント

error: Content is protected !!
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました